早漏でもナカイキさせる事は出来る

セックスの時に女性が満足する前に射精に至ってしまい、パートナーを満足させられずに悩んでいる。
こんな人は世にたくさんいると思います。このため、「ナカイキする=女性が満足するためには早漏では無理だ」と考える方が多いでしょう。しかしこれは正しくありません。

⇒早漏でも出来るナカイキのやり方を動画で見る


長時間ピストンしたからといって、ナカイキするわけではない

まず重要なのがここです。
ペニスを挿入してからのピストンをただ長時間出来たからと言って、女性がナカイキさせられるという事ではありません。厳密に言えばそれだけでナカイキさせる事も不可能ではないのですが、恐ろしく長い時間ピストンを続けなくてはいけないために現実的ではありません。膣内で射精に至る事が出来ない射精障害(いわゆる遅漏)でも無い限り無理というレベル。
これも勘違いしている人が多いのですが、遅漏は男性がどうやってもセックスで射精に至る事が出来ないために、これはこれでセックスが円満にならない悩みでもありますので、遅漏になってはいけません。

ピストンした時間だけが問題ではないのです。女性を膣内オーガズムに導く為には、ナカイキさせるための方法をきちんと理解しなくてはなりません。

絶頂ピストンメソッドを使えば、長時間のピストンは必要ありません

まず前戯の時点でしっかりとGスポットを刺激して性感を高めておきます。そのあとペニスを挿入してピストンするわけですが、この時の体位やピストンのやり方も工夫してGスポットを刺激出来るやり方で行います。すると前戯で既に快感が高まっていたGスポットはあっという間に女性をオーガズムへと導いてくれます。
このやり方であれば、男性は長時間のピストンは必要なくあっという間にナカイキしてしまいます。今まで先に射精してしまって申し訳なかったのがウソのようでしょう。

とは言え女性がイクまでに男性が射精してはいけないのは変わらないので、長時間のピストンが必要ないとは言っても極度の早漏ではいかえません。そこで絶頂ピストンメソッドでは男性が長持ちする為のテクニックも紹介されています。本当にすごい早漏と言う人でも、この方法も使えばパートナーを自分のペニスでイカせる事は不可能ではないはずです。

絶頂ピストンメソッド 内容レビュー

パートナーの女性とセックスをしている男性なら、誰しもピストンでのペニスによる刺激での女性のオーガズム、いわゆる「ナカイキ」「膣イキ」と呼ばれるオーガズムを感じさせたいと思うでしょう。自分だけでなくパートナーにも最高に気持ちよくなって欲しいという気持ちもあるでしょうし、また自分のペニスの刺激による膣の快感でイカせる事自体もオスとしての喜びでしょう。

セックスでパートナーをナカイキさせた事があるいう男性は多くありません。とても難しいものと考えている男性も少なくないでしょう。しかし実は、方法さえ分かれば難しいものではないのです。

男性の持続時間よりも、女性の性感を高める方法が重要

ナカイキを難しいと考えている男性の多くが勘違いしがちなのが、「ナカイキするまで射精しない持続力が必要=絶倫の男でないとナカイキは出来ない」というもの。
これは全くの間違いというわけではありません。男性が射精してしまってはセックスの本番が終わってしまいますので、ナカイキする前に射精してしまうわけにはいきません。しかし射精のコントロール・早漏の対策だけでナカイキさせるのは不可能ではありませんがかなり大変です。

男性が射精する前に女性が膣内の快感でオーガズムに達する為の方法は2つあります。

一つは男性側が射精までの持久力を上げるという事。

もう一つが、女性の膣内の快感の高まりを早めるという事です。

そう、男性がオーガズムに達するのに比べて女性が達するのが遅いのでナカイキ出来ずに射精だけで終わってしまうのですから、女性がとても感じる攻めをすれば、先に女性の方が達するという事。
これが絶頂ピストンメソッドのナカイキさせる方法の考え方です。

もちろん男性の持久力には個人差はありますし、持久力が高いに越した事はありません。このため絶頂ピストンメソッドの第5章では男性が長持ちするためのテクニックも解説しています。

前戯でGスポットの快感を高め、さらにペニスで刺激してイカせる

まず前戯はとても重要だという事を認識してください
本番はペニスで女性の膣内の快感を高めつつも、同時に男性も快感が高まる=射精に近付く行為ですが、前戯は男性側はペニスを刺激されないので一方的に女性の快感だけを高める行為です。
前戯で女性の膣内の快感をしっかり高めておくほど、その後の挿入からのピストンで女性がオーガズムに達するまでの時間は短くなるわけです。前戯での膣内の刺激はナカイキのための重要な一歩です。やみくもにただ弄るのではなく、しっかりとGスポットを刺激して快感を感じさせてあげましょう。

ここで問題になるのがまず、Gスポットの探り当て方です。
Gスポットは見た目でハッキリ分かる部分ではなく位置にも個人差があるので探り当てるのが難しい。
絶頂ピストンメソッドは前戯でのGスポットの探り当て方・刺激の仕方を2種類紹介しています。1種類はやや上級者向けですが、もう1種類は簡単に行う事が出来ます。
位置には個人差があるので、女性の反応を見極めて位置を特定していきます。

Gスポットを刺激出来る体位は3種

前戯でGスポットの快感を高めたら、いよいよペニスを挿入してピストン。ここでもGスポットを刺激してオーガズムへと導きます。
絶頂ピストンメソッドで紹介されるGスポット刺激のための体位は3種類あります。
ここで注意が必要なのは、この体位を使ってピストンする=Gスポットを刺激出来るではないという事。体位はこの3種なのですが、一般的なその体位でのピストンとはちょっと違うやり方を行います。このやり方で行う事で初めて3種の体位はGスポット刺激に効果的なピストン方法となるのです。
>>3種の体位でのピストンのやり方の動画を観る

女性をナカイキさせるための膣開発法の内容

女性をセックスで満足させるには、ペニスを挿入してのピストンの時に膣内の快感でオーガズムへと導くのが一番です。
膣内でのオーガズムを俗に「ナカイキ」と呼びます。

このナカイキをさせるためには、膣の開発を行う必要があります。この開発法をメインとしたセックス動画教材が「北条麻妃が教える膣開発法」です。

⇒動画をダウンロードするにはこちら


なぜナカイキさせる必要があるのか

パートナーとセックスをしている男性なら、ナカイキはさせられなくても前戯でクリトリスを刺激してオーガズムを感じさせるくらいは出来る方が多いかと思います。
このため、クリトリスでイカせてあげられているのだから充分だと考えてしまっている男性が多いのですが、これは大きな間違いです。
膣内の性感帯によるオーガズムは、クリトリス刺激によるオーガズムとは比べ物になりません。クリイキは男性のペニスが射精する時のオーガズムのように短い時間しかない快感なんですが、ナカイキは遙かに快感が深く、しかも長時間全身が包まれるようなオーガズムなんです。

堪えきれずに射精する時のあの絶頂感。もしあの快感が数分間も続いたらどうなるだろうと考えた事はありますか?
おそらくは気持ちよすぎてどうかしてしまうと思いませんか?
残念ながら男性のオーガズムでそれはありえないのですが、女性はナカイキで長く深いオーガズムを感じる事が出来るのです。

AVで女優が自ら腰を振ってアンアンと喘ぐ、あられもない痴態を見せる事がありますよね。もちろんあれは演技であって、現実のセックスで女性がそんな風になるなんてありえないと、ある程度セックスの経験がある男性なら知っている事と思います。しかし女性は開発されるとナカイキの強烈な快感で理性が飛び、AV女優の演技のような痴態を本当に晒してしまう事がありえるのです。

ナカイキはこれほどまでの大きな快感ですから、一度経験すると女性はまずクセになります。パートナーは今まで以上にあなたとのセックスを求めるようになるでしょう。そしてナカイキさせてくれない他の男性とのセックスなんてまず考えられないようになります。

膣開発の具体的な方法

「膣の開発」と聞いて膣を激しく刺激するようなイメージを持つ人が少なくないと思いますが、むやみやたらにただ膣内を指で刺激したって膣は開発されません。そんな事で開発されるようなら誰でもパートナーをナカイキさせられていますよね。
ナカイキとはペニスのピストンによる刺激でオーガズムに達する事ですが、前戯がとても大切です。前戯でしっかりと感じさせてクリトリスでイカせた後、さらにそのまま次の段階に前戯に進み、最後にいよいよ挿入してピストンでイカせるのです。

足ピン体位

ナカイキさせるために有効な体位として足をピンと伸ばした体位があります。この体位でピストンを行う事で、よりナカイキさせやすくなるのです。

膣開発法を実践した人の感想・口コミ

by K澤
テクニックを試してみたところ、全然反応が変わりました。
先日、ついにナカイキさせることもできましたし、年甲斐もなくセックスライフが充実してきています。

by 匿名
妻がなかなかやらせてくれないのが悩みでした。しかし、この方法を実践してから全然変わりました。今では妻の方から誘ってくることもあるくらいです。まさかここまで効果があるとは…膣性感の重要さを思い知りました。

by taichi
動画を見ながら楽しく勉強できました。モザイクが邪魔でもどかしい部分もありましたが、女性器のおもちゃを使った説明があるので問題なしです。分かりやすいように工夫されていてよかったです。

by 松
これを見ただけでも、既に自分のスキルが上がった気がします。後は実践あるのみ。また試してみて報告します。

女性をセックスで満足させたいなら、膣開発を!!

男性がパートナーの女性をナカイキさせたいと思う理由の多くは「パートナーを満足させたい」=パートナーをセックスで満足させられていないという自覚があるのだと思います。
(中には、「パートナーのいやらしく乱れる姿が見たい」とか「自分のペニスでイカせる事で征服欲を満たせそう」という考えの方もいるとは思いますし、実際に膣開発にはそういった欲求に応えてくれる効果もあります。)

ペニスを挿入してのピストンで女性をオーガズムに導くのは、何も知らなくてはまず無理です。世の男性の殆んどは自分だけがパートナーの膣内でオーガズムに達して射精し、セックスを終えてしまっています。

ナカイキさせるために必要なのは持続力ではなく膣の開発

自分だけがオーガズムに達して終わってしまうのは申し訳ないから、パートナーにもピストンでオーガズムに達して欲しい。パートナーがいてセックスをしているのなら男性は誰しも思う事だと断言して良いでしょう。

そこで「射精までの時間をもっと長くしよう」あるいは「自分が早漏なんだ。だから彼女を満足させてあげられないんだ」と考えてしまう男性が多いのですが、ハッキリいってこれは間違いです。

男性の持続時間を延ばすだけで女性をオーガズムに導くのは非常に困難。
絶対に不可能とは言いませんが、ものすごく大変です。
20分も30分も射精せずにピストンし続けなければ無理でしょう。こんな長い時間射精せずにいられるようになるなんてかなり大変なのは想像出来ると思います。

女性をオーガズムに導くために必要なのは、男性が射精せずにいられる時間を長くするのではなく、女性の快感が高まるのを早める事です。あなたが射精してしまう前にパートナーの方があっという間に気持ちよくなってイってしまうようにするのです。
>>女性があっというまにイってしまうようになる開発法のネタバレを見る

ナカイキの快感は深くて長い

膣内オーガズムの快感というのは、男性の想像を遙かに超えるものです。
クリトリスを刺激されてイクのと、ペニスを挿入されてのピストンでイクのとでは、当然ながら刺激されている部分が違います。

クリトリスも膣内も女性器の一部には違いありませんが、この2つはそもそも感じる神経からして違うのです。

膣内の性感帯(ポルチオとGスポット)がペニスのピストンで刺激される事で達するオーガズムは、クリトリス刺激のそれよりも遙かに深くて長いオーガズムです。

男性のあなたは、普段1人の時にオナニーで射精に至るよりも、パートナーの女性に手コキやフェラをしてもらったり、膣に挿入してピストンで射精に至るほうが精神的な意味も含めて気持ちイイと感じますよね?
でも女性がクリトリス刺激でイカされるのとペニスでナカイキするのとの差は、そんなレベルの違いではないのです。

一度ナカイキを経験してしまった女性は、もうクリトリス刺激でのオーガズムでは満足出来なくなるレベルの差なんです。

女性は普通はナカイキ出来ません

「ナカイキさせるための膣開発」と聞いて、「結局は”こうやると女性は気持ちよい”というテクニックだろ。大げさだ。」と思う方がいらっしゃいます。
でも違います。女性は普通、ナカイキなんてしないのです。

出産の時、赤ちゃんは女性の膣から出てきますよね?
あなたがどんなに巨根だとしても、流石に赤ちゃんよりは小さいと思います。でもその赤ちゃんが出てくる時に、膣内の刺激で感じてイってしまう女性なんていません。普段、女性はただ刺激をされただけでは膣内でイク事はないのです。
開発をしなければ膣内の刺激でオーガズムに達するようにはなりません。

女性をナカイキさせたいなら、膣の開発が必要です

セックスの本番である、ペニスを膣に挿入してのピストン。
このピストンで女性が膣内の快感を感じ、オーガズムに達する。このオーガズムを「膣内オーガズム」、俗に「ナカイキ」と言います。

このナカイキをさせるための方法をAV女優の北条麻妃が解説している動画が「北条麻妃が教える膣開発法」です。

ナカイキはただセックスをしているだけではまず実現できません

パートナーとセックスをしている男性ならクリトリスの愛撫でオーガズムを感じさせた事はある方が多いと思いますし、女性の方もたとえまだセックスを経験していない処女であってもクリトリスオナニーでイった経験のある人は多いと思います。
しかし膣内の快感でオーガズムに達した経験のある女性、ピストンでイかせた経験のある男性は少ないでしょう。

普通にセックスをしているだけでは、女性がピストンでオーガズムに達するのは難しいです。女性がピストンで快感を感じ、オーガズムにまで達する為には「膣の開発」を行う必要があるのです。
パートナーをピストンでイカせたいと思う男性は多いのですが、この開発のやり方を知らないためにイカせる事が出来ないのです。
ピストンを激しくしたからといって、ナカイキは出来ません。またパートナーがイクまでピストンを続けられるように、射精までの持続時間を延ばそうと考える男性が多いのですが、持続時間を延ばすだけでナカイキさせるのは困難です。
逆に膣の開発がされた女性なら、いわゆる早漏の男性でもイカせる事が充分に可能です。

同じ「イク」でもクリトリスと膣内では快感の大きさが全然違います

前戯でクリトリス刺激でオーガズムを感じさせているために、「クリトリスでイカせているのだから問題ない」と考えている男性が多くいらっしゃいます。また女性の方も膣内の快感でオーガズムに達した経験がないため、ナカイキしてみたいと思っていない人が少なくないようです。
しかしクリトリス刺激によるオーガズムと、膣内の性感帯の刺激によるオーガズムは全然違います。
膣内オーガズムは全身が包まれる強烈な大きさの快感が、しかも長く続くのです。ナカイキはクリイキとは比べ物にならないくらいに快感が深くて長いのです。痙攣したりまるでケモノのように夢中で腰を動かしてしまったりします。
こう書くと大げさだと思う方もいらっしゃるでしょうが、これは事実です。

そもそもクリトリスのオーガズムと膣内のオーガズムでは、感じる神経が違うのです。クリイキとは全く別種の快感なんです。

ナカイキを経験した女性は、もうナカイキしないセックスでは満足出来なくなると断言して良いでしょう。
確実にこの快感の虜になります。
ナカイキさせる方法を知らない他の男性とのセックスなんてもう出来ません。

やみくもな刺激では膣は開発されません

「膣の開発」と聞いて、膣をとにかく刺激していれば膣内の性感帯で快感を感じるようになると思っている男性がいますが、これは大きな間違い。
やみくもに刺激しても膣は開発されません。かといって感じる部分をひたすら刺激し続ければ開発されるというものでもありません。

正しい手順を踏んで行う事で初めて膣は開発され、あなたのペニスによるピストンでオーガズムに達するようになるのです。

北条麻妃が教える膣開発法の内容

膣開発法の動画の内容を一部紹介

これらの動画の視聴は下記↓のリンクからどうぞ

>>開発法の動画はこちらから