セックスの時に女性が満足する前に射精に至ってしまい、パートナーを満足させられずに悩んでいる。

こんな人は世にたくさんいると思います。このため、「ナカイキする=女性が満足するためには早漏では無理だ」と考える方が多いでしょう。しかしこれは正しくありません。


⇒早漏でも出来るナカイキのやり方を動画で見る


長時間ピストンしたからといって、ナカイキするわけではない

まず重要なのがここです。

ペニスを挿入してからのピストンをただ長時間出来たからと言って、女性がナカイキさせられるという事ではありません。厳密に言えばそれだけでナカイキさせる事も不可能ではないのですが、恐ろしく長い時間ピストンを続けなくてはいけないために現実的ではありません。膣内で射精に至る事が出来ない射精障害(いわゆる遅漏)でも無い限り無理というレベル。

これも勘違いしている人が多いのですが、遅漏は男性がどうやってもセックスで射精に至る事が出来ないために、これはこれでセックスが円満にならない悩みでもありますので、遅漏になってはいけません。

 

ピストンした時間だけが問題ではないのです。女性を膣内オーガズムに導く為には、ナカイキさせるための方法をきちんと理解しなくてはなりません。

絶頂ピストンメソッドを使えば、長時間のピストンは必要ありません

まず前戯の時点でしっかりとGスポットを刺激して性感を高めておきます。そのあとペニスを挿入してピストンするわけですが、この時の体位やピストンのやり方も工夫してGスポットを刺激出来るやり方で行います。すると前戯で既に快感が高まっていたGスポットはあっという間に女性をオーガズムへと導いてくれます。

このやり方であれば、男性は長時間のピストンは必要なくあっという間にナカイキしてしまいます。今まで先に射精してしまって申し訳なかったのがウソのようでしょう。


とは言え女性がイクまでに男性が射精してはいけないのは変わらないので、長時間のピストンが必要ないとは言っても極度の早漏ではいかえません。そこで絶頂ピストンメソッドでは男性が長持ちする為のテクニックも紹介されています。本当にすごい早漏と言う人でも、この方法も使えばパートナーを自分のペニスでイカせる事は不可能ではないはずです。